住宅ローンを借り換えたい!⑦お金の話編その2。実際にかかった費用の金額全公開!高い!けどそれでもお得♡

住宅ローン

今年ついに住宅ローンの借り換えをしたので、その記録を書いていました。

(記事下部の関連記事で今までの記事も見てくださいね♪増えてきたのでここにリンク貼るのやめておきます(笑))

手続き流れとしては完結したので、今回はお金の話その2です。

借り換えって、当然だけど手数料とかいろいろかかります。

ばかになりません。。

今回は、ペアローンの我が家がかかった費用を書いてみます。

 

 

まず、融資金額なのですが、

夫:1,830万

私:880万

です。

夫の金額は、諸費用分も借りているので増えています。

この低金利、借りれるなら借りちゃおうということで(笑)

これに対して、

事務取扱手数料
夫:395,280円
私:190,080円
印紙代
夫:20,000円
私:10,000円
司法書士費用
227,000円
合計 842,360円

が、かかった費用です。

…たかーい!!

司法書士の費用は、司法書士によってだいぶ幅があるようですが、

うちはSBIマネープラザから紹介された司法書士さんとそのまま手続きですので、

比較して安いところに頼む…とかできなかったです。言われるままに払いました(笑)

司法書士費用の内訳ですが

抵当権設定とかもろもろの報酬額が100,000円、

印紙税等必ずかかる費用が115,500円、

郵送代が1,500円

交通費が2,000円

消費税が8,000円(報酬額のみに発生)

という内訳でした。

司法書士にかかる費用も、ペアローンだとその分高くなります。

事務手数料にしても、とにかくペアローンはお金かかります(笑)

 

しかしこの後嬉しい誤算が♡

借り換え前に借りていた銀行から、戻し保証料というのが返ってきました。

今までも繰り上げ返済すると少し返ってきていたのですが、今回はさすがに大きい金額の返済だったので、戻し保証料も大きかったです。

夫:161,759円

私:71,037円

合計:232,796円

が返ってきました♪♪

司法書士費用がまるまる浮いた感じですね!

(浮いた、という表現はおかしいかもしれませんが。。)

なので実質かかった金額は

842,360円 – 232,796円 = 609,564円

となりました。

シミュレーション上、返済総額は166万くらい安くなる予定ですので、そこからかかった費用を差し引いて100万くらいお得になる…はずです(笑)

100万お得になって、さらに保障が手厚くなって…なので、やっぱり頑張って良かったです。

 

これからも少しでもお得になるように!頑張りましょう♡

コメント